第41回 日本口腔インプラント学会学術大会 September 17,18 2011

第41回 日本口腔インプラント学会学術大会
「インプラント医療安全の推進行動」
2011年9月17日(土) 18日(日)、名古屋国際会議場にて「第41回 日本口腔インプラント学会学術大会」が開催されました。テーマを「インプラント医療安全の推進行動」とし、患者様の快適な生活につながるインプラント治療の発展と向上に着眼したプログラムが構成され、4,000名を超える方々が参加されました。

ノーベルバイオケア ブース内セミナー

中村社綱先生、志田和浩先生を講師としてお招きし、「ガイデッドサージェリーの優位性」をテーマとし、歯科医師・歯科技工士 2つの観点よりご講演頂きました。参加された方々からも活発な質疑応答があり、大変熱気のあふれるものとなりました。
ノーベルバイオケアの展示ブースではインプラント製品をはじめ、3D画像を用いたプランニングシステム「NobelClinician™」、今秋発売予定のニューエンジン「Conforto(コンフォルト)」等をご紹介しました。多数の方にお立ち寄り頂きまして、ありがとうございました。

ワールドサテライトセミナー

エステティックインプラント、即時埋入や即時負荷等を専門分野とされており、多方面でご活躍されております南アフリカのBlackie Swart先生を講師としてお招きし「NobelActive™: Planning and achieving consistent predictable results with Bone level implants and NobelClinician™」と題し、審美領域の高いケースやインプラントの即時埋入が必要とされるケースについてお話いただきました。約300名もの方々にご参加いただき、熱心に聴講されておりました。

テーブルクリニック

高山賢一先生を講師にお迎えして「NobelGuide™の多様性」というタイトルにて、様々な症例に対してNobelGuide™の3次元的なシミュレーションの有用性、即時荷重時の効率性についてご講演頂きました。 定員を超える先生方にお集まりいただき、ありがとうございました。

ページTOP

  • ノーベルバイオケアとは
  • 製品紹介
  • セミナーのご案内
  • プロセラ ネットワークラボ
  • 採用情報

全国の歯医者さん検索はこちらから

Nobel Biocareメールマガジンノーベルニュース