第42回 日本口腔インプラント学会学術大会 September 22,23 2012

第42回 日本口腔インプラント学会学術大会
「インプラント患者目線での安心医療とは」
2012年9月22日(土) 23日(日)、大阪国際会議場にて「第42回 日本口腔インプラント学会学術大会」が開催されました。テーマを「インプラント患者目線での安心医療とは」とし、国民の目線からのインプラント治療に対する安心について着眼したプログラムが構成され、4,000名を超える方々が参加されました。

ノーベルバイオケア 展示ブース

ノーベルバイオケアの展示ブースでは様々なインプラントシステムのラインナップのご紹介を始め、事前に治療計画をサポートするシミュレーションソフトウェア「NobelClinician™」、CAD/CADシステム「NobelProcera™」、ロケーターアバットメントを用いた無歯顎ソリューション「インプラント入れ歯」をご紹介しました。多数の方に展示ブースへお立ち寄り頂きまして、ありがとうございました

ワールドサテライトセミナー

ワールドサテライトセミナーでは、ベルギーより Eric Rompen先生を招聘し「 Advantage of NobelActive™on periodontal tissue and the long term results. 」と題し、歯周組織におけるNobelActive™の優位性と長期予後についてご講演いただきました。 Eric Rompen先生は、歯周病疫学と全身への影響、組織欠損の外科的管理を専門にしており、本セミナーでは、様々な臨床ケース・ビデオを基に NobelActive™が臨床家にとって機能的・審美的に良好な結果を提供するインプラントシステムであることをプレゼンいただき、ご参加された先生方は、熱心に聴講されておりました。

ページTOP

  • ノーベルバイオケアとは
  • 製品紹介
  • セミナーのご案内
  • プロセラ ネットワークラボ
  • 採用情報

全国の歯医者さん検索はこちらから